imasia_14053731_M

宇宙に関する謎はどこまでわかったのか

宇宙人はいるのでしょうか?
友好的な宇宙人ならいて欲しいですね。
しかし地球を侵略しに来られても困ります。
そういう意味では、一人ひとりが宇宙に関する知識を持っていることは重要です。
とはいえ今の科学でどこまで宇宙に関する謎がわかっているのでしょうか。

■2015年は一般相対性理論の100周年
アインシュタインが一般相対性理論を発表したのが1915年です。
つまり2015年は、一般相対性理論にとって100歳の誕生年です。
もちろん相対性理論は、普通の人には理解できません。
そもそも宇宙物理学者だって、本当に正しく理解しているかは疑問です。
とはいえ一般相対性理論が確立したことによって宇宙に対する見方が変わり、理解が急速に深まりました。
そういう意味でアインシュタインは、史上最大の科学者と言っても過言ではないようです。
これがなければ、未だに中世の占星術をありがたがっていたのかもしれません。

■宇宙の大半はダークエネルギーで占められている
宇宙に関する謎として、宇宙空間には何があるのでしょうか。
都会で夜空を見上げても、ほとんど何も見えません。
しかし田舎に行けば満天の星空を眺めることができるでしょう。
とはいえ宇宙空間の大半は、物質的には何もない世界です。
例えば地球から飛び出して光のスピードで真っ直ぐ進んでも?
寿命が尽きるまでにどこかの星へ辿り着ける確率は?
限りなくゼロに近いようです。
では本当に何もないのでしょうか。
ただしエネルギー的な計算をしてみると?
何かがあるはずのようです。
実に宇宙の約7割が何かによって占められていることになります。
何かとは何か?
未だ解明されていません。
そこで「わからないエネルギー」という意味でダークエネルギーと呼ばれています。
これが確認できれば宇宙に対する理解が、また急速に進むと言われています。

■ブラックホールは見つかったのか
わからないついでに、誰もが一度は名前を聞いたことのあるブラックホールは、実際に見つかったのでしょうか。
たぶんあそこだろう!
そんな感じで見つかっています。
とはいえブラックホールは、光も飲み込んでしまいます。
確認することができません。
しかし6000光年先にある白鳥座のX1と呼ばれる場所で、X線を強烈に放出している状況が発見されました。
これはブラックホールに飲み込まれる星がガスを放出しており、このガスがX線を放出していると予想されています。
この理論が正しければ?
以後X線を観察することにより新たなブラックホールを見つけることが可能になると考えられています。

■宇宙に果てはあるのか
宇宙に果てはあるのか?
これも考えれば考えるほど矛盾に陥りそうな疑問です。
つまり宇宙に果てがあるならば?
その果ての向こうには何があるのか?
その先にあるものに果てはあるのか?
無限に続く話になってしまうためです。
もちろん人類がそれを確認する術はありません。
しかし人間は考えます。
例えばバレーボールの表面を歩くアリになってみましょう。
歩き続けても果てはありません。
アリにとってバレーボールの表面は無限空間です。
しかし人間が見る限りバレーボールの表面は有限です。
これと同じようなことが宇宙にもあると、多くの科学者はイメージしています。
三次元空間を越えないと、本当の理解はできないようです。

■巨大な物体がぶつかる?
約6500万年前、地球に巨大な隕石が衝突しました。
これが恐竜絶滅の理由だと考えられています。
次に同じようなことが起きれば?
人類は大丈夫なのでしょうか。
例えば2013年2月、ロシアのチェリャビンスク州に隕石が落下しました。
地球に到達した物体の大きさとしてはたいしたことがありません。
しかしその衝撃波は、当たっていないのに大変なパワーを持っていました。
ではもっと大きな物体が衝突したなら?
考えるだけでもゾッとします。
なお2015年10月31日、日本はハロウィンで盛り上がっている頃?
地球と月との距離の1.3倍の場所を、巨大な小惑星が通過します。
もちろんほとんど影響はありません。
とはいえ宇宙のスケールで見れば、超ニアミスです。
宇宙はまだ謎だらけです。

おすすめ記事

  1. -shared-img-thumb-SAYA151005528295_TP_V
    2016年4月14日、午後9時26分頃、熊本で大きな地震がありました。マグニチュード6.4、最大…
  2. unspecified (2)
    2016年となりました。初詣を楽しんだ方も多いのではないでしょうか。今年も各地で初詣が賑わいを見せて…
  3. pixta_18610436_M
    2016年1月も半ばを迎えました。ようやく平年並みの寒さがやってきたようです。スキー場にも雪…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-OOK785_yoituburete_TP_V
    初夏を迎えるこれからの季節、紫外線対策は不可欠です。日焼けはやけどと同じことです。ではどうし…
  2. c51e2c031dacc9a7368d926f0bf5f220_s
    大型連休はどこへ行ったでしょうか。最近は体験型の博物館なども増えています。もちろん何の予定も…
  3. 766fb717798e33580735018e3b32ac57_s
    暖かくなると、野外での活動が増えます。もちろん熱中症に注意すべきですが、虫対策も重要です。そ…

カテゴリー

PAGE TOP